インシュリン注射針

ファイザー製のワクチンのニュースが続いていますが、今まで1ビンで5回の接種から6回に。そして今回のニュースでは7回分まで接種可能との事。

どういうことかと言えば、針が細い!そして短い。

結局、接種した後の注射針に残る量の問題らしく、それではと針の細さと長さを比較してみました。

右から一般的な注射針21G

真ん中が院内で使っている161

左がインスリン注射針32G

拡大したのがこちら

見ての通りだいぶ違いますね

太さは上から0.8mm>0.16mm< 0.25mm

写真では分かりにくいですが、真ん中の鍼灸用の針が一番細いようです。

因みに鍼灸用の針は長さが40ミリを使っていますが、当院の8割の患者さんには4ミリまで(皮膚)の深さで治療しています。

それにしても、インスリン用の針はこの太さなのに、中は空洞で液を皮下に注射できるんですから、針の加工技術はすごいですね!

糖尿病で毎日皮下に注射を打つ時に、あまりにも痛かったらイヤになっちゃいますもんね💦ありがたいことです。

これはニプロ社製です。針の長さは4mmなので、これではワクチン用に筋肉までなかなか届きません。他のメーカーで対応しないといけませんが、とにかくこの日本の技術はスゴイ❗️

あぁワクチンが待ち遠しい❣️

前の記事

撮影現場と夕焼け

次の記事

痛み止めと胃腸薬

Copyright © マツモト接骨院 All Rights Reserved.

Powered by WordPress with Lightning Theme & VK All in One Expansion Unit by Vektor,Inc. technology.

お気軽にお電話下さい。 タップでCall
MENU